新型コロナ: 世界の国々はどれくらい検査しているのか

※2020/7/4更新。オルタナティブブログはコメント機能が無効化/非表示になりました→過去コメント

■世界の感染者数
まず、私が日頃見ている情報を説明します。

WHO(世界保健機関)
毎日報告書を公開しています。他に比べて数字の反映が遅くなりがちです。手作業で編集されていると思われ、ときどき抜けてしまったり、増加分のデータがおかしかったり、なにか争いがあるのか「国」欄と「地域」欄を行ったり来たりするところがあったりします。
まぎれもない世界的な公的機関なのでニュース報道でも使われています。当然ながら、テドロス議長が「100万人を超えました」と発表するようなときは、この報告書の数値がもとになっています。

ジョンズ・ホプキンス大学
更新が早く、グラフィカルに表示されています。ニュース報道でもよく取り上げられます。

worldometer
ジョンズ・ホプキンス大学の数字と少しずれはありますが、やはり更新が早く、数字が一覧表で見られます。ただし、データ入力をイタズラできるのか(?)、以前、明らかにおかしなデータが表示されていたことがありました。そのためかどうか、以前はニュースでも見かけましたが、最近はジョンズ・ホプキンス大学の方がよく使われているようです。
一覧表上部の「Yesterday」タブをクリックすると「前日」のデータが見られます。一部の国を除き、GMT+0時に数値がリセットされますが、丸1日あたりの増加分を見たいときは「Yesterday」を見ないといけません。個人的には、こちらの方が扱いやすいため、一番よく見ています。

covidtracking
アメリカ限定ですが、CDCの報告があまりに遅いため、有志が作ったサイトです。感染者数(陽性者数)だけでなく検査で陰性になった人の数(および保留中の数)も表示してくれます。全体、および州ごとの日次データも得られます。APIなども使えます。

厚生労働省(4月分)
日本のデータです。「新型コロナウイルス感染症の現在の状況について」または「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について」というタイトルで毎日更新されています。ときどき、どちらかの一覧に反映されるのが遅くなることがあるようです。これも手作業で編集されているためか、ときどき数字がおかしいことがあります。以前、検査"件数"と"人数"を間違えていたという理由でつじつまを合わせるために検査人数がマイナスになっていたこともあります。

■陽性率に基づく他国との比較
昨日からworldometer「検査数」の項目が追加されました(※)。感染者数に比べて、すべての国から報告されているわけではなく、ざっくりした数値しか登録されていない国もありますが、参考とすることはできるでしょう。この数値について評価してみます。
※以前は「Our World in Data」というサイトでも検査数が公開されており、ニュースでも使われていましたが、今は(データ公開は)なくなってしまいました。

日本が「検査が少ない」と言われるときに、よく比較されるのは韓国です。朝日新聞報道(2/29付)によれば「韓国では2015年に中東呼吸器症候群(MERS)で38人が死亡し、政府は国民から非難を浴びた。これを教訓に感染症対策を強化し、今回の新型コロナウイルスでは、国の研究機関や民間医療機関など全国の計100カ所でPCRなどの検査が行われている」とのことです。

別記事にも書いた通り、韓国の"現在の感染者数"(Active Cases)は減少し続けており、おおむね危機は脱したとみられます。ただし、これは検査をしただけで実現できたものではなく、厳しい監視社会とプライバシーを制限することで成し遂げたものです。感染者が判明すると、スマートフォンの位置情報やクレジットカードの使用履歴から濃厚接触者が割り出されて検査を受けるようにアラームが鳴る、という仕組みまであるそうです。日本のクラスター追跡班が同じようなこと人海戦術でやっているのですが、行政が個人情報を利用することで効率的に実現していると言えます。

このような形で大量に検査すれば、当然、感染していない人も大量にいます。韓国のこれまでの感染者(陽性者)数は10237人、検査数は461233人となっており、陽性率=陽性者数/検査数=約2.2%です。これに対し、日本は感染者数=3139人、検査数は42882人ですから、陽性率=約7.3%です。

クルーズ船に乗り込んだ岩田健太郎氏によれば「最低限の適切な検査数は、陽性者が検査数の10%未満に収まっている時」だそうですから、日本も累計としてはこの比率に収まっています。ただし、東京などの地域は陽性率が高いこともありますし(接触者の追跡に苦労していると推察します)、以前に比べて大量検査したときでも高い割合になっているのは事実です。日本の検査数は、韓国に比べれば少なく、手広く検査しているとは言えません。

もうひとつ大量に検査していることで知られるのがドイツです。日本経済新聞の報道には、早くから大規模検査の態勢を整えたことで、充実した医療体制とともに低い致死率を実現しているとあります。現在、ドイツは感染者数=96092人、検査数=918460人です。検査の絶対数は多いのですが、陽性率を計算すると約10.5%になります。これはちょっと不思議です。これは岩田氏が指摘する「最低限の適切な検査数」にも達していません。本当に手広く検査しているなら、日本の陽性率よりもずっと低くなるはずではないでしょうか。実は感染者が増えすぎて、症状の出ていないような人を除外するといった絞り込みをしているのではないでしょうか。

■感染の抑え込みに成功しつつ、手広く検査している国/地域
別記事のコメントにも書きましたが、感染者数といっても、国ごとに検査の基準が違うので、単純に多い少ないで国ごとの状況を比較できるというものではありません。韓国のように手広く検査している場合は、無症状や軽症の場合でも数に入りますし、フランスは最初から重症のかぜ症状の人だけを検査していました。実のところ感染者数を比較しても国ごとの深刻度合は分かりにくいのです。

そこで死者数を比較します。日本の場合は感染症法があり、新型コロナで死亡したと診断した医者は国への届け出義務がありますから、ごまかしはできません。ドイツやイギリスでは死因を調べないこともあるとのことですが(そのせいで感染が広がっているという噂もありますが)、ここではいったん脇に置いておきます。たとえば、フランスと韓国の感染者数は9倍程度しか違いませんが、死者数は40倍以上も違います。これが、感染者に無症状・軽症も含む韓国と、重い症状のある人だけを調べているフランスとの違いをあらわしています。

worldometer のデータから「人口当たりの死者数が日本よりも少ない(→感染の抑え込みに成功している/まだ感染が広がっていない)」かつ「陽性率が日本より低い(→検査の絞り込みをしていない)」国/地域は以下の通りです。

ロシア、インド、南アフリカ、コロンビア、ニュージーランド、香港、アゼルバイジャンラトビアスロバキアベラルーシ、台湾、ベトナムパレスチナ、ナイジェリア、ニジェールキルギスタンケニアカンボジアバングラディッシュグアテマラウガンダザンビアエチオピアナミビアラオスモザンビークジンバブエ、ネパール、ボツワナパプアニューギニア
※人口100万人未満を除く。

言うまでもありませんが一覧表に掲載されている「新型コロナによる死者数」とは、それぞれの国の医療制度のもとで確認された数であって、医療制度が行き届かない国では死者数が低くなる可能性もあります。さて、あなたが日本に見習ってほしいと思う国はいくつあるでしょう。

■ドイツとの比較
陽性者率から判断すると、どうやら感染者が増えたから検査数が増えているだけにも見えるドイツですが、大量検査と医療制度によって新型コロナ対策が評価されているようですから、それぞれの感染者数の推移を比較してみましょう。日本の方が早くから感染者が見つかっていますが、ちょうど感染者数の多寡が入れ替わる3月5日からの推移が以下の通りです。

日付 日本 ドイツ
3/5 317 262
3/6 349 534
3/7 408 639
3/8 455 795
3/9 488 1,112
3/10 514 1,139
3/11 568 1,296
3/12 620 1,567
3/13 675 2,369
3/14 716 3,062
3/15 780 3,795
3/16 814 4,838
3/17 829 6,012
3/18 829 7,156
3/19 873 8,198
3/20 950 10,999
3/21 996 18,323
3/22 1,046 21,463
3/23 1,089 24,774
3/24 1,128 29,212
3/25 1,193 31,554
3/26 1,291 36,508
3/27 1,387 42,288
3/28 1,499 48,582
3/29 1,693 52,547
3/30 1,866 57,298
3/31 1,953 61,913
4/1 2,178 67,366
4/2 2,384 73,522
4/3 2,617 79,696
4/4 2,920 85,778

※いずれもWHOの記録。

前述の通り、国ごとに検査の基準は違いますが、現時点で日本の死者数は77人、重症/重体数は64人であるのに対し、ドイツの死者数は1444人、重症/重体数は3936人です。

コメントでは繰り返し書いていますが、日本の感染者増が抑えられているのは感染者数が少なかったころからイベントの自粛を要請したり、クラスター対策班が戦略的にクラスター追跡を行った成果です。

人それぞれ、色々な見解はあるのでしょうが、こういうデータを見ると「日本の戦略は失敗でドイツを見習うべきだったのだ」という意見があっても、耳を傾ける気にはなりません

新型コロナ: お詫びとお願い

※2020/7/4更新。オルタナティブブログはコメント機能が無効化/非表示になりました→過去コメント

■お詫び
この記事のコメントで、病院で仕事をされているという方から、不安を煽ることで医療負担や心理的負担を増やしているというご批判がありました。経済を重視したいがあまり、「新型コロナはインフルエンザと同じようなもの」という誤った理解で、その脅威が軽視されることを問題視したものでしたが、無用な負担を招いているようでしたらお詫びします。
ただし、この記事の主旨が誤っていたということではありません。CNNの "Coronavirus death rate is lower than previously reported, study says, but it's still deadlier than seasonal flu"(研究によればコロナウイルスの致死率は従来の報告よりは低いが、それでも季節性インフルエンザより危険)という記事では "it is very clear that any suggestion of COVID-19 being just like influenza is false"(COVID-19をインフルエンザと同じようなものだと言うのは、明らかな誤りです)と締めくくられています。

■お願い
ワクチンはないので、感染を広げないためには人々の行動を変えるしかありません。これには、不要不急の外出を控える、専門家会議によって示された3密(密室・密集・密接)を避ける、手洗い・うがいの励行などがあります。
さて、昨日放送されたNHKクローズアップ現代+」では、東京都に助言している大曲貴夫氏が感染者数の増減するグラフを見ながら「対策をすればやがて患者さんの数は減ってきます」と説明されていました。(※26:40頃~) 諸外国の状況を見れば分かる通り、私は、その"対策"こそが外出禁止のような厳しい規制であり(日本の法律上はそこまで厳しい規制はできないそうですが)、緊急事態宣言なのだろうと考えていました。しかし、今のところ緊急事態宣言は出されていません。
早くから感染の広がった日本では、おそらくオリンピック開催が危ぶまれたことで安倍首相が早々とイベントの自粛を要請しました。この日(2/26)までの感染者数は、まだ164人に過ぎませんでしたが、おかげで日本は他国に比べても感染者増を抑えることができました。具体的な理由については、いずれ検証されることになるでしょうが、この低い増加ペースはBCG接種や日本人の体質には関係ないと思います。(クルーズ船では、乗員・乗客の17%が感染しました) それでも感染者の増加は回復者の増加を上回っている状態です。もっと感染者増を抑え込むためには緊急事態宣言を出すべきなのに、オリンピック延期も決まった今、政府が経済に遠慮してなかなか出さないんじゃないかと邪推していました。
番組の終盤で、大曲氏は次のように述べています。(※28:40頃~)

(都市封鎖のような上から制限をかけられるか、私たちでなんとかできるのか聞かれて)私たちの選択なのかな、と思います。強烈な都市封鎖をすれば感染が収まるのは、たしかに中国の事例でも分かっています。ただ、厳しいですよね。一方で、私たちが自分たちの行動を変える、たとえば狭いスペースを避けるといったことを意識的にやれば感染が減っていくと、抑えられるということも分かっています。私たちがどちらを取るのか、ということが大事なのかと思います。何もしなければ厳しい状況になりますし。そういう意味では、私たちが適切な行動を取ればですね、私はこの感染の危機は、この国であれば乗り切れるんじゃないかと、まだ日本はやれるんじゃないかと、私は思っています

医療現場を代表するであろう日本医師会だけでなく、経済同友会からも緊急事態宣言を出すべきと言われているのに出さないのは、決して政府の意向などではなく、こうした専門家の人たちが、いまなお自粛というレベルで感染を抑え込めると考えているということのようです。最後には「私たちは全然諦めていないです。まだ日本はやれると思います」と力強く語られていました。
NHKプラスでは、1週間見逃し視聴できます。

観光や外食産業など、すでに自粛によって壊滅的な打撃を受ける業種があります。それでもなお「まわせる経済はまわしたまま」感染を抑え込むことができるのなら、こんなに素晴らしいことはありません。その道は一歩間違えば、感染爆発が起きて深刻な医療崩壊が起きている欧米のような状況に突き進む可能性も否定できませんが(そうなりかけたら緊急事態宣言が出るでしょう)、大曲氏の力強い言葉に少し光を見た気がします。

お願いです。不要不急の外出はしないでください。外出するときは3密を避け、できる限り感染を避けるよう行動してください。報道されている通り、若者なら安心というウイルスではありません。高齢者と断絶できる社会でもありません。「言うは易し」で、そうした自粛により1日先の生活すら見えなくなっている人がいたり、組織があることは報道もされています。軽々しく「気持ちが分かる」と言えるものでもないでしょう。それでも人々が感染を防ぐ選択をすることで、劇的な経済ダメージを回避しつつ、再生できるかもしれないのです。今、この選択をしなければ、長い後悔が待っているだけです

新型コロナ: 日本が韓国に大敗北する日

※2020/7/4更新。オルタナティブブログはコメント機能が無効化/非表示になりました→過去コメント

※2020/4/2追記。「新型コロナ: お詫びとお願い」という記事を書きました。(こちらにもリンクを追加します)

■韓国の戦略
私は感染を抑え込んだのは強権で社会を規制した中国だけだと思っていましたが、韓国もそうでした
worldometer の韓国の情報から現在感染中の人(Active Cases)(=感染した人(Total Cases)から治癒した人(Total Recovered)を引いた数)のグラフを見てましょう。

covid19korea.png

完全にピークアウトしています。このまま韓国は日常を取り戻すことができるかもしれません。
前にも書いたとおり、韓国では新型コロナの検査をしたい人にどんどん検査をして、軽症・無症状の人を簡易的な施設で隔離した上で、重症者を治療するという手法を取っています。PCR検査は精度の高い検査をしても1%くらいは偽陽性が出てしまうものだそうで、大量の検査をすれば大量の陽性者(感染者)が計上されてしまうことになります。
しかし、偽陽性の人は本当に感染しているわけではありません。ちゃんと防護して検査さえしていれば、検査で症状が悪化するわけではありません。韓国の"見かけ上の"感染者が急増したとしても、実際に感染していないなら、一定期間をすぎれば治癒したことになるわけです。隔離される人の生活は息苦しいかもしれませんが、一定期間が過ぎて症状が悪化しなければ日常に戻ることができます。それは人工呼吸器やECMO、人工心肺などの貴重な医療リソースを必要としません
※なお、ドイツも大量検査している国ですが、ピークアウトには程遠いようです。

■緊急事態宣言
新型コロナに対する特別措置法に基づいた政府対策本部が設置され、緊急事態宣言が可能になったという報道がありました。
厚生労働省の報告(3/26付)を毎日見ていますが、「退院した者」は感染者増に追いつかず、「入院治療を要する者」は増え続けています。
感染蔓延のおそれが高い」という理由で対策本部を設置したのです。しかも、てっきり「私権を制限するから慎重になれ」と主張しそうな立憲民主党すら緊急事態宣言を出すよう提言しているというではないですか。
日本は早い時期からイベントの自粛などを要請したことが感染者数の増加を抑え込んでいましたが、韓国ではそれよりも厳しく社会を規制しています韓国の感染者数がピークアウトしているのは、まさにそのためでしょう。
今なら緊急事態宣言を出して、韓国のように社会を厳しく制限することで、感染を抑え込むチャンスがあります。ドイツのようにある程度広まってしまったら、いくら検査をしていても抑え込むことができなくなります。このまま感染者が増えれば、いずれ緊急事態宣言を出すことになるのです。どうせ出すなら早く出す方が、短い期間で済むはずです。それは平時ですら過重労働を強いられている医療従事者を守ることにもなります。

とっとと緊急事態宣言を出しましょう!!

それで再び中国、韓国とともに経済を回復できるなら、これに勝る「経済対策」はありません。

■感染を止められないということ
これも書いたことですが「経済が、経済が」とうるさい人はいますが、新型コロナの感染が止められない指定感染症であることの意味を理解していないのだと思います。インフルエンザのようにワクチンで感染を防御できないのですから、患者を治療するために医者や看護師は防御服やゴーグルを付けなければなりません。ゴーグル跡が痛々しい写真がいくらでもあります。ちょっとは勉強しましょう。

新型コロナ: 「インフルエンザでも人は死ぬ」との比較

※2020/7/4更新。オルタナティブブログはコメント機能が無効化/非表示になりました→過去コメント

※2020/6/30重要な追記(修正)。トップページに案内されているとおり、オルタナティブブログ全体でコメント機能が無効化/非表示となっていました。(過去コメントの取り扱いについて思案中です)

※2020/4/1追記。「新型コロナ: お詫びとお願い」という記事を書きました。
※2020/4/5追記。本文冒頭に「まとめ」、最後に「CDCによる情報」を追加しました。

※2020/4/5追記。2002/4/13修正。
■まとめ
長くなったので要点のみまとめておきます。
新型コロナを「インフルエンザでも人は死ぬ」と同じようなものと考えることはできません
・「CDCによる情報」によれば新型コロナの致死率はインフルエンザの20倍程度になり、50人に1人が死亡します(※1)。
・致死率の低くなる若者でも500人に1人が死亡します(※1※2)。
若者でも2%(50人に1人)以上の確率で人工呼吸器や人工心肺を使うほど重症/重体化します(※1)。場合によっては後遺症が残ります
※1 CDCが推定する致死率は全体で「1.8~3.4%」であり2%として計算しています。また、20~44歳の致死率は「0.1~0.2%」、集中治療室に入る割合は「2.0~4.2%」と推定されており、それぞれ「0.2%」、「2.0%」で計算しました。
※2 若者の死亡率としてCDCの推定値の上限である0.2%を採用したのは、山中伸弥氏が中国のデータをもとに「20代、30代であっても、感染者500人に一人くらいが死亡しています」と表現されているものに合わせました。
※2020/4/14修正。コメント欄でのご指摘を受けて、まとめの表現を見直しました。CDCの推定における「死亡」の割合を全て治療が間に合っていたものと考えて「治療が間に合った場合でも50人に1人が死亡します」と表記していましたが、個人的見解とのご指摘があり、この表現を削除しました。CDCの推定に関する詳細は本文最後の追記を、修正内容についてはコメント欄をご参照ください。
※コメント欄に紹介したCNNの記事では、致死率は低ければ0.66%程度と紹介されていますが、それでも「インフルエンザと同じ扱いをすることは明らかな誤り」と明言されています。

■ インフルエンザでも人は死ぬ
厚生労働省の「新型インフルエンザに関するQ&A」というページには、季節性インフルエンザの感染者数と死亡者数について次のように書かれています。

例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。
国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人です。
また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。

(新型コロナについて調べるまで知りませんでしたが)「超過死亡概念」とはインフルエンザをきっかけに肺炎になって死亡した場合に、死因を「肺炎」とした場合でもインフルエンザによる死亡者に含める考え方です。ワクチン接種などでインフルエンザにかからなければ死なずに済んだ数という言い方もできます。そして、この数字をもって「インフルエンザでも1万人死んでるのに、(現時点で)1000人50人(※)くらいの死亡で騒ぐのはオカシイ」(そして自粛による経済ダメージを考えろ、というオマケがつく)という意見があります。
はたして、新型コロナは騒ぐほどのものではないのでしょうか。
※2020/4/6、執筆時点(3/25)の感染者数を死亡者数と勘違いしていたようです。お詫びして修正します。3/25までの死者数は43人でした。なお、4/5までの感染者数は3271人、死者数は70人です。(出典:WHO)

■イタリアの状況
ニュースなどでさんざん報じられていますが、今や新型コロナによる死者数が中国を超えたイタリアは酷い状態に陥っています。こちらの記事によれば医療崩壊した現場のために、引退した医者や卒業前の学生に資格を与えて対応しているという状況です。都市は封鎖され、生活必需品除く全産業の生産が停止されています。教会では、感染者を看取った聖職者までが相次いで亡くなっているそうです。
現在のイタリアの死者数は6000人くらいですから、イタリアの人口(6000万人)を考えれば、日本のインフルエンザによる(超過死亡概念による)死者数と大差ありません。それでは、なぜ、こんなに問題になっているのでしょう。
イタリアの感染者数は、現時点で63927人です。1000万人が感染して1万人が死亡するインフルエンザと違い、感染者の1割弱の人が亡くなっているのです。もちろん死者の急増で医療が追い付いていないため平時なら治せる患者が治せないという理由もあるでしょうが、そもそもイタリアでは"まだ"千人あたり1人しか感染していないのです。それでも重症化する人がこれだけ多いために深刻な問題となっています。

■強く規制されるヨーロッパ各国
イギリスでは、ボリス・ジョンソン首相がどうせ感染を防ぐことはできないという想定で、社会に規制を設けず免疫を持たせるという戦略を発表しました。しかし、この方針は翌日には転換され、強く規制されています。今、ジョンソン首相は「医療従事者を感染から保護するために自宅にいなさい」というメッセージを出しています。そして、そのイギリスでも、現時点での感染者数は8077人、人口1万人あたり1人という"低レベル"です。
ドイツでは、メルケル首相に予防接種した医者が感染していて自宅隔離に入りましたが、こちらも厳しい制限が課されています。
あまり話題になっていませんが、人口800万人弱の小国スイスは人口当たりの感染者率がイタリアに近づいており、こちらも6人以上の集会禁止(罰金あり)など、多くの規制が課せられています
しかし、どの国もイタリアの千人に1人よりは感染者率は低いのです。これでインフルエンザのように10人に1人が感染するという状況になったら、どうなるのでしょう。そこまで悪化しないと誰がいえるでしょう。

■致死率
新型コロナは感染したら即死というものではありません。(もし、そういうものだったら、もっと早い段階で発見され手が打たれていたかもしれませんが) 感染者数が急増している場合は、死者数の増加はある程度の間をあけて追いかけることになります。その点では、増加のとまっている中国の例が参考になります。現在、中国の感染者数は81171人、死者数は3277人ですから、そのまま割り算すると致死率は4%ということになります。無症状の感染者4.3万人を計上していなかったとのことですし、全員検査したダイヤモンド・プリンセスでは感染者の半数が無症状でしたから、感染者全体に対する致死率を低めに半分と見積もっても2%です。これは低い数字でしょうか。
前述した数字をもとにすればインフルエンザの致死率は0.1%ですが、その20倍です。「致死率が高いのは高齢者」というのはインフルエンザも同じです。だからこそ平均0.1%くらいの致死率でも、ほとんどの健康な若者はインフルエンザをおそれずワクチンを接種しない人が多いのです。2%というのはかなり深刻だと思います。そして、イタリアの例を挙げるまでもなく医療が追い付かなければもっと悪い数字になるのは必至です。
ドイツの致死率(現在0.4%)に期待してはいけません。ドイツでは大量に検査しているため偽陽性が1%としても半数近くが感染者でない可能性があります。さらに、検査したい人が検査しているため対象が若者に偏っており、死因を調べていないため致死率の高くなるはずの高齢者が新型コロナで死亡しても計上されないこともあるそうです。

■感染をとめる方法がない
現在、新型コロナは感染を予防するためのワクチンも治療薬もなく、対症療法による治癒に期待するしかありません。いくつかの既存の医薬品が効きそうという報道はありますが、ワクチンの実用化などには1年以上かかるとも聞きます。新型コロナが話題になっている間に、今年のインフルエンザは消滅したようですが、新型コロナの勢いは衰えることがありません。今は感染者との接触を避ける以外に、感染をとめる方法がないのです。
先に書いた通り、世界中で感染を抑え込んでいるのは強権によって行動規制した中国だけです。スマホで行動を監視し、感染した人を追跡するという徹底的な規制をかけることで、ようやく感染者の増加をゼロに近づけたのです。他の国に、そんなマネができるでしょうか。日本は、専門者会議が示した3条件(密室、密集、接触)を避けてくださいという、他国に比べても「かなり緩い要請」が呼びかけられているだけです。感染者の増加ペースが落ちてきた韓国をはじめ、あまり感染者の増えていないシンガポールや台湾は、日本より厳しい規制がかかっています。それでも、感染者増を防げているわけではありません
NHKスペシャルでも「これまでは運がよかった。これからもこの幸運が続くということは、まずない」と言っていました。イベントについても自粛"要請"だけで法的な規制がなされていませんから、弾数の分からないロシアンルーレットをまわしているようなものです。そんなに長く幸運が続くとは思えませんが、続いたとしても新型コロナへの対策のピークがずっと先になるだけで、収束(あるいは終息)するまでには何か月、あるいは何年も続くことになります。東京オリンピックの1年延期が決まりましたが、1年先にすべてが解決している気はまるでしません

covid19graph.png

そして、もし日本で自粛要請を解除したら、ヨーロッパの後を追うことになるでしょう。医大入試の男女差別の理由が「女性には過重労働させられないから」だったことを思い出してください。過労死ラインが残業月80時間と言われているのに、厚生労働省医者の残業時間を月155時間に"抑えましょう"と言っているくらいなのです。日本の医療制度に、そんなに余裕はありません
インフルエンザのように1000万人が感染したら致死率2%としても20万人が死亡します。とめる方法がないのですから、もっと悪化するかもしれませんし、そうなったらそもそも医療が追い付かず致死率は上がるでしょう。
日本は感染者が見つかるのは早かったものの、早くから自粛を要請して多くのイベントがしたがったおかげで感染の広がるペースは欧米ほどではありません。他国を実験台にするということではありませんが、このまま推移できれば、他国のようすから今後の方向を決めることができるでしょう。わざわざ率先して感染爆発を引き起こすようなことはすべきではないのです。

※2020/4/5追記。
アメリカCDCによる情報
先日、テレビで村中璃子氏がCDCによる致死率を紹介されていましたが、その元情報がありましたので、ご紹介します。
"Severe Outcomes Among Patients with Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) -- United States, February 12-March 16, 2020"
コロナウイルス2019(COVID-19)患者に関する深刻な結果)
2/12~3/16の間にCDCに報告された4226の症例を分析したもので、このうち年齢が分かっている2449人をまとめた一覧表が最後に掲載されています。こちらに引用します。

年齢 入院 集中治療室 死亡
0~19歳(123例) 1.6~2.5% 0% 0%
20~44歳(705例) 14.3~20.8% 2.0~4.2% 0.1~0.2%
45~54歳(429例) 21.2~28.3% 5.4~10.4% 0.5~0.8%
55~64歳(429例) 20.5~30.1% 4.7~11.2% 1.4~2.6%
65~74歳(409例) 28.6~43.5% 8.2~18.8% 2.7~4.9%
75~84歳(210例) 30.5~58.7% 10.5~31.0% 4.3~10.5%
85歳以上(144例) 31.3~70.3% 6.3~29.0% 10.4~27.3%
合計(2449例) 20.7~31.4% 4.9~11.5% 1.8~3.4%

※範囲の下限は現時点でのそれぞれの人数による、上限はそれぞれの状態を含む(?)値。
※2020/4/8追記。「入院」項目の20歳以上の数値が「集中治療室」の値と同じになっていました。お詫びして訂正します。

念のために、コメント欄でも引用した厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第1版」(PDF)という資料p.6にある「中国での新型コロナウイルス感染症患者44672人の患者データより」の致死率データも引用します。

年齢 死亡
0~9歳 0%
10~19歳 0.2%
20~29歳 0.2%
30~39歳 0.2%
40~49歳 0.4%
50~59歳 1.3%
60~69歳 3.6%
70~79歳 8.0%
80歳以上 14.8%
合計 2.3%

 

CDCのデータに幅があるものの、致死率については中国のデータとあまり変わりません。年齢が若いほど致死率は低く、高齢者の致死率は高くなっています。しかし、CDCのデータで注目すべきは「集中治療室」の値です。つまり、この比率は人工呼吸器やECMOと呼ばれる人工心肺が使われるケースです。どちらがどれくらい使われているかは分かりませんが(人工心肺は、本来一時的に使うもので、医者が交代で24時間付きっきりになります)、多くが人工呼吸器だとしても、この時点で後遺症の心配をしなければならないような状態です。
すでに上記で触れましたが、若者の致死率が低いといっても0.2%というのは「500回に1回死亡事故を起こすような乗り物、怖くて乗れませんよね」(山中伸弥氏)というレベルです。しかし、最低でも2.0%の確率で集中治療室に入る(人工心肺を使われるほど悪化する)ということは「50回に1回は後遺症が残るかもしれない大事故を起こす乗り物」ということになります。これが「若者」に対する数値です。「500人に1人が死ぬだけで499人はなんともない」というものではありません。
多数の感染者を出しているニューヨーク州のクオモ知事が「数万の人工呼吸器が必要」と訴えていました。現時点で1万人に8人"しか"感染していないアメリカで、すでに重症/重体の患者が5787人います。集団免疫を狙って何"割"というレベルで感染者が増えたら、その何百倍もの重症/重体患者が生まれることになります。人工心肺が足りなくなれば、この人たちも「死者」になってしまうでしょう。
それでもなお「インフルエンザでも人は死ぬ」と同じように考えられる人がいるのでしょうか。

 

 

 

新型コロナ: イベントを補償なしで中止するために

※2020/7/4更新。オルタナティブブログはコメント機能が無効化/非表示になりました→過去コメント

※2020/4/2追記。「新型コロナ: お詫びとお願い」という記事を書きました。(こちらにもリンクを追加します)

■検査原理主義
今回も、前振りから。
新型コロナの感染者が発見されたクルーズ船「グランド・プリンセス」はオークランド港に入港し、カリフォルニア住民はトラビス空軍基地に隔離されていましたが、San Francisco Chronicle紙はこのように報じました

"Even as positive coronavirus test results came back and other tests had not been returned, Gov. Gavin Newsom approved releasing Grand Princess cruise passengers from California back to their homes over the weekend, days before their 14-day quarantines at Travis Air Force Base were scheduled to end, a source close to the situation told The Chronicle."

コロナウイルスで陽性の結果が返されて他の検査結果が戻っていないとしても、グランド・プリンセス号の乗客は14日間の検疫期間が終わる前の週末に自宅に戻ることがギャビン・ニューサム知事によって許可された、と情報筋により本紙に伝えられました。」

症状がある人は入院しているのかもしれませんが、症状が出ていない人について、そこまで厳密に隔離しようとはしなくなっているようです。「下船前に全員検査する」と言っていたペンス副大統領は、今ではこう言っています

"If you don't have symptoms, don't do a test. It is another way that the American people can make sure that we are preserving the resources that our healthcare workers need to administer and support those who are dealing with the #coronavirus."

症状がなければ検査しないでください。それが、アメリカ国民がコロナウイルスに対処している医療従事者に必要な管理と支援のリソースの保護を確実にするための一つの手段です。」

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、「自宅にいて、命を救う人々を守ろう」という、ツイートをRTしていました。

大量に検査を実施しているドイツは、比較的死者数が少ないと言われてきましたが、この記事によれば「Keine Tests bei Verstorbenen(検査されない死亡者)」という項目で、次のように記載されています。

"Eine andere Erklärung könnte italienischen Experten zufolge sein, dass in Deutschland im Allgemeinen keine Post-mortem-Tests vorgenommen werden. Wenn ein Mensch demnach in Quarantäne sterbe, ohne in ein Krankenhaus eingeliefert worden zu sein, tauche er mit hoher Wahrscheinlichkeit in der Statistik der Corona-Todesfälle gar nicht auf, ..."

「イタリアの専門家によれば、一般的にドイツでは死後の検査は行われません。このため、入院せずに検疫で死亡した場合は、コロナウイルスの統計に含まれることはほとんどありません...」

ドイツは人口の76%が60歳未満ですが、3/23付けの資料では感染者の82%を占めています。ドイツではスクリーニング(事前の選抜)をせずに大量の検査をしているそうですが(3/15時点で16.7万件)、若者の方が積極的に検査しているということではないでしょうか。そもそも大量検査は偽陽性の人数も増やします。3/15時点で少なくとも1%の偽陽性がいるとすれば1670人で、この日までの感染者数(3795人)に比べて無視できる人数とは言えません。
ドイツは感染者数に対する死者数が比較的少なく(3/24現在で感染者29056人、死亡者123人、単純計算で致死率0.4%)、大量検査と医療制度によって致死率が抑えられているかのように見えたのですが、高齢者を検査せず、死因すら調べもせず、分母なる感染者数には感染していない偽陽性が大量に混じっている、これでは安心できません。
韓国も大量検査を実施している国ですが、それによって感染を抑え込めているわけではありません。
※2020/3/28追記。韓国の "Active Cases" はピークアウトしていました→「新型コロナ: 日本が韓国に大敗北する日」参照。
ただし、大量検査によって偽陽性も含め感染者数が割り増されることには効用があることにも気づきました。それは「感染者数が水増しされることで社会に対する規制を正当化できる」ということです。
現在、ドイツも韓国も社会活動を大幅に規制しています。(在デュッセルドルフ日本国総領事館ノルトライン=ヴェストファーレン(NRW)州内における新型コロナ・ウィルス感染状況について」、Yahoo!感染対策に「緩い日本」! 「キツイ韓国」! 日本は自主判断、韓国は半ば強制!」)
日本で感染者がそれほど増えなかったのは、感染者数が少ないころからイベントの自粛や一斉休校を要請したからだと書きましたが、今では世界の方がより強く規制されています。三連休に人出が多かったとか、大規模イベントが開催されたとか、聖火に何万人も集まったという「気の緩み」を感じる報道がありましたが、今後の感染の広がりが懸念されます。
検査原理主義の人たちは、これからは「数が水増しされなくて危険性が認知されなかった、と言いたかったんだ」と言い訳してください。

■イベントと補償
さて、イベントの自粛が"要請"されているのに何も補償がない、本気でやめてほしければ政府が補償しろ、という意見があちこちで聞かれます。

「ば~~~~っかじゃねぇの!?」(©ハルパゴス)

どこまで補償するのでしょうか。払い戻すチケット代でしょうか、使わなくなった会場費や機材費、出演料を補償するのでしょうか。用意した物販も補償するのでしょうか。イベントや演劇がすべて、入場料だけのビジネスとは限りません。そこに宣伝のための展示や、さらにモノを売る会社があったかもしれません。コミケなんて誰にどういう補償をするのでしょう。印刷した同人誌を買い上げるのでしょうか。自粛要請でまっさきに中止されたPerfumeのライブなんて、そのために"遠征"して宿泊予約していた人もいたでしょう。運営は補償されるけれど、ムダになった宿泊費はどうするんでしょう。
もし、そういう中止した場合に関連するあらゆる費用がすべて補償されるなら、一番やめたいと思っているのは東京オリンピックでしょう。収入の73%を占める放送権料がなければIOCは破綻するかもしれません。その巨額な損失を日本の税金で補償しろというのでしょうか。大きな経済ダメージを受けて税収が減り、医療費の増大が予想され、それが何年続くかもわからないというのに。
「イベントをやめたら破綻する、だからリスクはあってもやめられない」
わかります。現状は法で強制されていないのだから、私が何か企画していたとしても破産すると分かってやめる判断は難しいでしょう。まして多くの人を巻き込んで破綻することなど、容易なことではありません。でも、それは自らのリスクを回避するために社会にリスクを負わせているということです。すでに観光や交通など、新型コロナによって致命的な打撃を受けている業界はあります。そんな中、「イベントを補償しない政府が悪い」と現実的でない非難を浴びせても何も解決しません。頭を冷やしましょう。

■補償なしでイベントを中止させるために
相次ぐキャンセルでイベント(ライブや演劇)が存続の危機にあります。せめてチケット代の払い戻しをしなくてすむようにしましょう。具体的には、今後企画するイベントのチケットは「新型コロナにより自粛の要請が解除されなければ払い戻しなしで中止することがあります」という条件を追加しましょう。もちろん、購入時にはハッキリわかるように表示してください。ゴールデンウィークに予定されているコミケ98はとっくに登録通知が届いているようですが、今からでも規約を変更して、それが嫌だという参加者には"今のうちに"払い戻して、別の参加者を募りましょう。中止になったらコミケ存続の危機に陥るそうです。中止覚悟で申し込みを維持するのもいいでしょう。(消費者庁に文句を言われるでしょうか。お願いです、目をつぶってください)
今年イベントを企画している皆さん、イベントの自粛要請がそんなに早く解除される可能性はないと思います。むしろ、この状況で解除するようなことがあれば安倍首相の資質を疑います。感染が広がれば、いずれ他国のように中止が強制される可能性すらあります。もちろん補償なしで。わずかな望みをつないで企画するのであれば、自粛要請が続く中で開催を強行する、という状況にならないようにしてください。
ニューヨークでは非常事態宣言が出た後も、何日かはブロードウェイの上演が続けられていました。それが理由であるとは分かりませんが、今、アメリカで急増する感染者数(3/24現在での46116人)の半数はニューヨーク州が占めています(同23230人)。

■自粛要請はいつ解除されるか
東京オリンピックはほぼ延期で確定しているようですが、会場問題などを解決すれば1~2年先に開催できると信じている人が多いのは不思議でなりません。インフルエンザの時期は過ぎたのに感染は勢いを強めて広がり続けています。ドイツや韓国が示している通り、大量に検査したところで新型コロナは収束しません。世界の中で収束に向かったのは強権で社会生活を大幅に規制した中国だけです。感染者数があまり増えていないのは(日本以外では)早くから規制をかけたシンガポールや台湾くらいですが、それでも患者が増加するのを避けられているわけではありません。
社会生活を規制する以外に感染を防ぐ方法は見つかっていないのです。今、判明している感染者数は38万人"しか"いません。世界人口のたった1万分の1以下です。感染を防止するワクチンが実用化されるまでに1年以上かかると言われていますし、そもそもできるという保証はありません。感染のペースを抑えたとしても止められなければ感染が広がり続けるのです。治療薬があっても治療が追い付かなければ感染を防ぐしかありません。そして感染のペースを抑えられたとしても、何か月、あるいは何年もかけて広がり続けるということです。NHKスペシャルによれば、「日本は運がよかった」だけで、いつかは感染爆発が起きます。もともと医者の過重労働によって支えられていた日本の保険医療は破綻するでしょう。
また、中国でも武漢封鎖からはじめて増加が減少に転じるまでに2週間、2桁増になるまでには1カ月半かかっています。中国ほどの規制がかけられない国ではもっと時間がかかるでしょう。対策の見通しが分かってから実際に収束(あるいは終息)するまでに何か月もかかるでしょうし、医療制度や経済を立て直すのにも時間がかかるでしょう。
新型コロナ以前の日常が取り戻せるのは当分先のことです。パラリンピックの出場者は感染が命にかかわるリスクになるそうです(そうでなくても致死率は低くありません)。どうしてこんな状態で自粛要請が解除されると期待できるのでしょうか。社会生活を規制したままオリンピックだけを開催するのでしょうか。

 

新型コロナ: アメリカの状況など、訂正とアップデート

※2020/4/2追記。「新型コロナ: お詫びとお願い」という記事を書きました。(こちらにもリンクを追加します)

前回の内容で、アメリカの感染者数と検査数についての指摘は間違っていました。申し訳ありません。その訂正を含め、アメリカの状況を中心にアップデートします。

■政治的な話
訂正を後回しにして書くようなことか迷うのですが、まずトランプ大統領について記しておきます。
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、CDCは日本の対応を批判していないと書きました(批判していた米メディアはあった)。しかし、トランプ大統領は「日本の対応が悪い」と批判していました。これについて、麻生財務大臣が苦言を呈している興味深い動画があります。
→2020年3月19日「財政金融委員会(第五回)」※16:59以降
また、最近、トランプ大統領は煽るように「"中国"ウイルス」と呼んでいます。感染症の名称として地名を付けるな、と言われているにもかかわらず、です。
後述しますが、アメリカの状況はよくありません。先に書いた通り、トランプ大統領コストカットといってCDCからNSCからパンデミックチームを解雇(※)したために対応が遅れたせいだとしたら、民主党からの攻撃材料になりえます。最近、民主党議員によって検査の無料化が実現したようですが、無保険者の感染が問題視される中、オバマケアの見直しに積極的だったことは危機管理意識を疑問視されても不思議はありません。CDC幹部が「(パンデミックは)起きるかどうかの問題でなく、いつ起きるかの問題だ」と警告していた2月下旬に、トランプ大統領は「米国では(感染は)制御下にある」と楽観的なツイートをしていたくらいです。
状況が悪化した今、これまでの責任を他国に転嫁するため、CDCと連絡を取ってダイヤモンド・プリンセスに対応していた日本や、発生源と言われる中国を、ことさら悪者にしているように見えます。
はたして大統領選の行方はどうなるでしょう。

※2020/3/22追記。
トランプ大統領が、このツイートをRTしていましたので、以下に紹介して、本文を修正します。

1) Trump did not cut funding for the CDC. It has increased since he took office.
2) Trump did get rid of the NSC Pandemic unit.
3) Trump did not call the China Virus a hoax.
4) Trump did not silence scientists, China did.

(私訳)
1) トランプはCDCの予算を削減していません。就任後に増えました。
2) トランプが解雇したのはNSC(国家安全保障会議)のパンデミック部門です。
3) トランプは"中国ウイルス"をでっちあげとは呼んでいません。
4) トランプは科学者を黙らせていません、中国と違って。

アメリカにおける検査数と感染者数
さて、本題です。前回は計算のもとになる数字も計算も間違っていました。まずは英語を読めとのコメントをいただきましたが、日本語で書いてあっても読み間違えたかもしれません。お恥ずかしい限りです。
さて、CDCは検査情報の収集が遅く、数日前のものしかサイトに反映されていません。ここ数日で検査や感染者が急増していますが、CDCのサイトでは数日前のものしか検査数がわかりません。そもそもCDCが検査情報を公開するようになったのは、1週間くらい前からのようで、しびれを切らした有志により https://covidtracking.com/ というサイトが作られています。こちらから、日々の陽性(positive)/陰性(negative)/保留(pending)/死亡(deaths)の情報が得られます。
この情報から日ごとの増加分と陽性率を計算すると、次のようになります。(保留を除外し、陽性+陰性を検査数としています)

日付 陽性数 検査数 陽性率
3月5日 176 1,129 15.59%
3月6日 47 665 7.07%
3月7日 118 356 33.15%
3月8日 76 602 12.62%
3月9日 167 1,199 13.93%
3月10日 194 634 30.60%
3月11日 275 2,446 11.24%
3月12日 262 2,233 11.73%
3月13日 607 6,271 9.68%
3月14日 528 4,017 13.14%
3月15日 723 6,169 11.72%
3月16日 846 14,402 5.87%
3月17日 1,704 13,204 12.91%
3月18日 2,008 20,629 9.73%
3月19日 3,992 26,886 14.85%
3月20日 5,315 34,343 15.48%


検査数が大幅に増えているのはよいことかもしれませんし、日々の割合にムラがあるのはしかたないとはいえ、幅広く検査するほど陽性率は下がってもよさそうなところ、かえって高くなっているくらいです。(前回の間違った数値はさておき)累計でも17038/118147=12.6%というのは、けっこう高い数値です。
こちらの記事によれば、フランスでの検査は「重症のかぜ症状がある患者のみ」としているそうです。ourworldindataによれば、フランスの3/15時点の検査数は36747件です。そして、WHOによるこの日までの感染者数は4469人で、陽性率は12.2%です。
つまり、アメリカでの検査は重症者のみを調べているフランスよりも陽性の人に当たる確率が高いということです。ちなみに、日本の最新情報では981/18134=5.4%で、18人検査して1人の陽性者が見つかるという程度です。
実は、アメリカでは初期には検査数は多くありませんでしたが、それ以上に感染者が少なく、陽性率は低いものでした。しかし、これが「疑わしい人」を検査していたのではなく、「対価を払える人」を検査していたとしたらどうでしょう。もともと医療費が高額なことで知られている国です。
また、日本は中国以外の感染者が初期に発覚した国の一つですが、その時期は「春節の人気旅行先トップ」だと言われていました。実際、最初の感染者は中国からの旅行者を乗せていたバスの運転手でした。
しかし、この人気は短期の場合で、長期の人気旅行先トップはオーストラリア、次いでアメリでした。トランプ大統領は早々と中国からの渡航を規制しましたが、そもそも中国とアメリカは交流も多く、それまでに入国していた感染者もいたことでしょう。初期に必要な検査が行き届かなかったことで、今になって大量の感染者が発覚しているとしか思えません。
今年、アメリカではインフルエンザが猛威を振るって多数の死者を出しているという報道もありました。それらが実は新型コロナが原因じゃないかと疑われ、名取宏氏が「考えにくい」とツイートしていたことがありました。しかし、実数はともかく新型コロナをインフルエンザと誤認していたケースがあることをCDCの所長が認めています動画)。これは「相当数が新型コロナ」を肯定するものではありませんが、検査が行き届いていなかった証左にはなります。
アメリカの新型ウイルス検査は失敗している」と認めている記事もありました。

■比較するなら感染者より死者数
先のコメントでも答えましたが、実は国ごとの感染者数を比較したり合算しても、あまり意味はないと思っています。機材の使い方、対象者のスクリーニング、そもそもの医療制度や検査体制など、国ごとにバラバラなためです。前述した重症者を中心に検査するフランスと、幅広く検査している韓国は、それぞれ百万人あたりの感染者数が193人と172人で、それほど大きな違いはありません。しかし、検査のアプローチが違えば、その実状も違うはずです。私は、各国の感染者数は増加ペースの目安くらいにしか考えていません。
まず、PCR検査には偽陰性/偽陽性があります。文春の記事を引用すると、「PCR検査の感度は高くて70%程度」、つまり30%以上は偽陰性になり、たとえ検査で陰性になったとしても安心できるということではありません。逆に、「仮に特異度が極めて高く99%だったとしても、100に1人は感染していないのに「陽性」と判定されてしまう」そうです。韓国では日本と同じ機材を使いつつ精度を犠牲にしているそうですから、もっと誤差が高くなっても不思議はありません。
韓国では、これまでに30万人の検査をしているそうですが、「少なくとも1%が偽陽性になる」と見積もっても3千人以上が「感染していないのに陽性と判定されている」ことになります。これが2%だったら6千人です。現在の韓国の感染者数は9千人弱ですが、偽陽性の人数は無視できるレベルではありません。しかし、だからこそ韓国では医療崩壊には至っていません。感染していない人は、そもそも無症状か、何か別の理由で具合が悪い程度でしょう。そうした人を隔離する施設さえあれば、医療リソースが大きく割かれることはないからです。
比較して意味があるのは死者の数です。(重症者数も意味がありますが、判明していない国があります) とくに日本では感染症法により、感染症の肺炎で亡くなった人は原因を特定しなければならないそうです。実際、亡くなってから新型コロナの感染が判明した人が数人確認されています。この方々は生前には新型コロナの診断を受けられなかったという批判はあるかもしれませんが、そもそも現時点では治療薬がありません。
なお、肺炎の検査にはPCRよりもCTの方が確実という話もあるようです。日本医師会総合政策研究機構の資料(PDF)にp.44によれば、人口100万人あたりのCT台数は2位以下を大きく引き離してトップです。(しかも、日本の医療費は現実的な金額です)

med_ct.png

無症状の上に実は陰性といった"誤差"がない分、新型コロナによる死者数は、各国の現状を比較する目安になります。先のフランスと韓国では、フランスの死者が韓国より4倍も多くなっています。イタリアは、すでに中国の死者数を上回っていますし、スペインやイランも千人を超えています。ドイツは感染者が2万人を超えていますが、死者は73人ですから、まだ深刻ではなさそうです。検査体制の整っていなかったアメリカは、そもそも死者を追跡できていないおそれがあります。
なお、感染者数が多く死者数の少ないドイツについては検査数の情報が見当たらないのですが、Los Angeles Times の記事(3/10付)によれば、ドイツでは1週間で35000件を検査し、翌週は1日12000件を検査できるようになったそうです。("There were 35,000 coronavirus tests done in private practices last week with an unknown number also being carried out at hospitals, according to the KBV German Assn. of Physicians. The country has ramped up capacity and can now perform 12,000 tests per day.") そこそこ多数の検査がなされているようですが、その分偽陽性の人も多いと推察されます。

■科学は政治に勝てないのか
岩田健太郎氏の記事を読みましたが、勝てなかったから政府の意向にしたがってクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の全員検査なんてしたのではないでしょうか。オークランド港に入港したクルーズ船「グランド・プリンセス」について新たな情報がありました。検疫のため軍事施設に隔離されている乗客858人のうち、568人が検査を拒否したそうです。なぜなら「検査を受けなければ検疫期間を過ぎて解放されるけど、検査を受けて陽性の場合は陰性になるまでさらに長い間待たされるから」だそうです。これこそ「全員検査させる」(ペンス副大統領)という政治よりも、「無駄な検査をするな」(岩田健太郎氏)、「全員検査に医学的な意味はない」(和田耕治氏)という科学的見解が勝利した例でしょう。
ことさら検査、検査と煽る人たちは、科学に逆らっているようにしかみえませんし、日本の政治が科学よりも多数意見を重視しているのは残念なことです。

■私的展望
ハウステンボスとしまえんなど、屋外を中心とした遊園地などが部分的に再開しているようです。どこも感染源にならないかビクビクしていることでしょう。イベント自粛要請の前にクラスターの原因となった大阪のライブハウスなどは、"被害者"であるはずなのに心ない中傷を受けているそうです。これがインフルエンザだったら、「どこかでもらってきたかな」くらいで済ませられるのですが、そうならないのが新型コロナです。新型コロナの感染が判明したとたん、消毒や封鎖したり、追跡検査がなされるような状況では、本格的な経済活動の復活はないでしょう。
その意味で、オリンピックを予定通り完全な形で開催するなど、空論のようにみえます。実際、メジャーリーグやヨーロッパのサッカーなど、大きなスポーツイベントが軒並み延期されています。とくにオリンピックの場合は、選手の選考をはじめ、放送権料、選手村、報道センター、ボランティアなどを考えると、「中止」以外に見直しができる気がしません
それでも東京オリンピックが通常開催にこだわっているのは、放送権料などの収益が未来のオリンピック活動に必要だからです。公式サイトの資金の流れを見ると支出の10%が運営費であり、90%がオリンピック競技や選手のために使われていることがわかります。もちろん、そんな資金がなかった時代もあったわけで、しばらく予選会を各国で勝手にやらせるという選択肢はあるのかもしれませんが、IOCが自分の金儲けのために開催にこだわっている、というような叩き方は、あまり適切でないように思います。もっとも、秋にずらすならマラソンを東京に戻せよ、くらいは思いますけれどね。

 

新型コロナ: 日本のPCR検査は足りないのか

※2020/7/4更新。オルタナティブブログはコメント機能が無効化/非表示になりました→過去コメント

※2020/4/2追記。「新型コロナ: お詫びとお願い」という記事を書きました。
※2020/4/5追記。「新型コロナ: 世界の国々はどれくらい検査しているのか」という記事を書きました。
※2020/4/6追記。最後に「中程度の症状で治療や検査を求めるべきでない6つの理由」を追加しました。

※専門家ではないので、事実誤認については遠慮なくご指摘ください。
※本文中の間違いについて、フォロー記事を書きました。(3/22)

今日の標語「早まるな 医者はすぐには 増やせない」

■WHOの勧告
新型コロナウイルス感染症(COVID-19、以下「新型コロナ」とします)について、WHOのテドロス事務局長が「検査、検査、検査。疑いのある患者全員を検査するよう」(AFPBBの記事より)と勧告したことで、日本での「検査足りない」派の人たちが勢いづいている気がしないでもありません。原文にはこうあります。

We have a simple message for all countries: test, test, test.
Test every suspected case.
If they test positive, isolate them and find out who they have been in close contact with up to 2 days before they developed symptoms, and test those people too. [NOTE: WHO recommends testing contacts of confirmed cases only if they show symptoms of COVID-19]

(私訳)すべての国に対する私たちの単純なメッセージは、検査、検査、検査、です。
疑わしいケースをすべて検査してください。
結果が陽性なら、隔離して、その人が2日以内に症状が出た2日前からの濃厚接触した人たちが発症する前に、その人たちも検査してください。[注意: WHOは新型コロナを発症したことが確認された場合に限って検査することを推奨します。]※2020/5/9指摘があり、訂正しました。

つまり、発症していない人まで無差別に検査しろと言っているのではありません。そして、この勧告は、現在日本で行われている検査そのものです。

PCR検査
さんざん言われていることですが、PCR検査は偽陰性(感染していても陰性と判定されてしまう)も偽陽性(感染していないのに陽性と判定されてしまう)もある検査だそうです。先日、孫正義氏が100万人分の検査キットを用意すると発表されました(すぐに撤回されましたが)。もし、この検査キットが「5%の確率で偽陽性と判定されてしまう検査(※)」だとしたら、5万人が"誤って"陽性と判定されてしまうことになります。現時点で日本の感染者数は3桁しかいないので、多数の偽陽性の人たちに埋もれてしまうことになりかねません。
※2020/3/29追記。さまざまな情報によれば偽陽性が5%は過大です。精度の高い場合で1%くらいのようです。

PCR検査をやりすぎると医療崩壊を招くか
検査しまくっている例として韓国が挙げられます。しかも、「ひるおび」という番組によれば韓国で使われている機材は日本と同じであり、日本が精度を優先して標準モードを使っているのに、韓国は数をこなすために高速モードを使っているそうです。(それぞれにかかる時間と精度の違いは存じません)※ つまり、韓国では大勢の偽陽性の人たちが"感染者"としてカウントされていると推測されます。
※2020/3/29追記。「ひるおび」以外の情報ソースがなく、コメントにて誤情報であるとの指摘がありましたので、削除します。

韓国では医療崩壊しているのでしょうか。もし、検査をやりすぎて医療崩壊しているようなら、とっくに検査のペースを落としていると思いますが、そういう話は聞きません。韓国で医療崩壊していないのは、こちらの記事にあるような「軽症患者を隔離治療する生活治療センター」が設置されているためだと思います。軽症者がベッドを埋めていて重症者が入院できない、という個別の揉め事はあるようですが、大変なのは人工心肺を必要とするような重症患者が増えた場合です。症状の有無に関係なく誰でも彼でも検査したところで「検査によって重症化する」わけではありません(※)。worldometers によれば、現時点の韓国の重症者は59人ですから、そこまで深刻な状態とは思えません。
※「ドライブスルー検査は、それ自体が感染を広げかねないので、私なら受けたくない」(「ミヤネ屋」における村中璃子氏)という話はあるようです。

かつて「MERS対応の失敗」で懲りた韓国が十分な検査体制を準備していたところ、新型コロナが広がりそうな状況で、偽陽性の数が増えることを恐れず、無症状・軽症者を隔離する施設を用意して防御的に対応している、ということであれば、そういう考え方はアリだと思います。そして、そういう前提に立つと「感染者数が多いことだけで渡航制限した日本」を批判する気持ちになるかもしれません。(もっとも、渡航制限してるのは日本だけではなかったはずですが)

一方、イタリアでは感染者が27980人と多いだけでなく、重症者が1851人もいます医療崩壊を避けるために人手不足で引退した医者や、卒業前の学生まで動員しようとしている状況です。多数の検査をしているから医療崩壊したのではなく、重症患者が多いから医療崩壊を招いているということです。

■政府が検査をさせてない?
とても不思議な意見が「政府が感染者数を抑えるために検査をさせないようとしている」というものです。国会答弁を見ても、現実の行動を見ても、政府は検査をさせたがっています。政府が「これだけ検査できるようになりました」というのは、現場から「最大いくつできるんだ、もっとやれるようにしろ」と言って集めた理想的な数を足し合わせたんじゃないかと思うほどです。

典型的な例がクルーズ船(ダイヤモンド・プリンセス)の対応です。クルーズ船に乗り込んだ岩田健太郎氏が「無駄な検査をするな」と提言し、クルーズ船で対応にあたった和田耕治氏が「世論が検査した方がいいというから、一応するだけの話であって、医学的な意味はあまりない」と言っていたのに、全員に対して検査したのはどう考えても政治判断でしょう。

あちこちで寄港を拒否されてカンボジアにたどり着いたウエステルダム号からは症状が疑わしい20人の検査結果が陰性だったからと、あっという間に何千人も下船しましたが、その後マレーシアで乗客の感染が発覚しました。時すでに遅く、下船した人たちは追跡すらできない状態だったようです。

乗員・乗客の感染を疑われてオークランド港に入港したグランド・プリンセスでは、ペンス副大統領が「下船前に全員検査する」と表明していて「おお、さすがアメリカ」と思ったのですが、こちらのツイートによれば "#GrandPrincess passengers screened by medical staff @Travis60AMW before heading into quarantine. "(乗客は検疫前にメディカルスタッフによってスクリーニング(選抜)される)とのことです。

実際、こちらの記事では"you may choose to be tested for Covid-19"(新型コロナの検査をしたいか選べます)とあり、全員検査するつもりがないことがわかります。しかも"they were told no tests were available"(できる検査はないと言われました)ということで希望しても検査してもらえないそうです。

また、こちらの記事には"Britons will be free to go on their arrival in the UK, rather than forced into quarantine."(イギリス住民は、イギリスに到着すれば、検疫を強制されることなく自由になります)とあります。症状があればともかく、無症状なら「別にいいんじゃない?」と思われてるわけです。

余談ですが、グランドプリンセスがオークランド港に到着したのは3/8です。船内に残された乗員のうち症状のない人はチャーター機で帰れるそうですが、症状のある人の対応は決まっていないようです。

そのような対応がなされる中、日本はクルーズ船の何千人もの乗員・乗客に全員にPCR検査し、陽性者を下船させて入院させているわけです。このクルーズ船への対応は、日本の医療リソースをけっこう消費したと思います。そりゃイギリス首相も感謝くらいするでしょう。

なお、在日アメリカ大使館がダイヤモンド・プリンセスに関する情報を公開しています。CDCと連携して対応にあたっていたことが分かります。日本の対応を批判するということは、そのままCDC批判になる、ということは気に留めておきましょう。

■日本は検査が足りてない?
さて(ようやく)本題です。

日本の検査は足りていないのでしょうか。厚生労働省は、毎日検査の内容を報告しています(2020年3月)。

今日(3/17)の報告を見ると、「国内事例」のこれまでの「PCR検査陽性者」は809人、「PCR検査実施人数」は15655人です。つまり、検査した人のうち陽性だったのは5.2%に過ぎません。1日単位で見ると、(おそらくクラスターが見つかって)陽性率が高くなるケースもあるのですが、逆に多数を検査したのにあまり見つからないという日もあります(今日がそうです)。韓国と違い、検査精度を落とすことなく、しっかりクラスターを追跡していこうという姿勢なのだと思います。

これに対して、3/5付けのこちらの記事による韓国での検査数は140775人、感染者は5776人で陽性率は4.1%。検査の絶対数が多く、相対的に陽性率は低くなっていますが、これが精度を犠牲にしていることを思うと、日本の検査が「足りてない」という印象はありません。

むしろ、多数の検査を実施し、感染者が発覚しているイタリア3/10付けの記事で54000件を検査し、9172人が感染者となっています。陽性率は実に17%です。これこそ、感染者が多くて検査が追い付いていないことを示しているのではないでしょうか。日本は9割以上が陰性になる程度には検査しているのです。

アメリカの状況
余談ですが、アメリカのCDCも検査数を公表しています。WHOの報告によればアメリカで感染者が確認されたのは1/23ですが、この情報によれば1カ月以上、CDCが少しずつ検査をしているだけでした。「検査に35万もかかる」という記事もありました。

実は、トランプ大統領は2年前にCDCのパンデミックチームをリストラしていました。トランプ大統領によれば "I'm a businessperson, I don't like having thousands of people around when you don't need them. When we need them, we can get them back very quickly."(私はビジネスパーソンだ。不要なときにまで何千人もかかえておきたくない。必要になれば、すぐに戻せる)とのことですが、この1カ月あまりを「すぐ(quickly)」と言えるでしょうか。

ともあれ、先週から検査数が大幅に増え、CDCと公衆衛生研究所合わせて1日あたり2500~2700人程度の検査が行われています。ところがWHOの報告では、この2日間増加分が含まれていません。worldometers では、すでに感染者が4743人に上っているのですが、この数字がたしかなら、この数日は1日あたり1000人くらい感染者が見つかっていることになります。2700人検査して1000人の感染者が見つかるということは陽性率が37%、3人検査すれば1人の感染者が見つかるという状況で、イタリアどころではありません。「検査しなければ感染者は増えない」というのはアメリカにこそ言うべきことでしょう。←(3/21追記)この計算は間違っていました。各日の検査数は数日経過してから公開されるため、不適切な計算でした。

もっとも、アメリカもドライブスルー検査という陽性率の低そうな検査をしているはずですし、データのどこかが間違っているか、私が何かを見落としている可能性もあるとは思います。しかし、数字通りならば、実際の感染はかなり広まっている可能性があり、それにもかかわらず行政の対応が遅れた理由がトランプ大統領によるリストラにあるならば、大統領選挙に影響する話となっても不思議はありません。そうでなくてもアメリカからの渡航を制限するレベルです。←(3/21追記)陽性率の計算は間違っていました。ただし、アメリカでの感染者数は検査体制が整ってから急増しており、対応の遅れは否めません。

■日本の感染者数が増えない理由
「日本の感染者数が他国に比べて増えていないのは検査してないからだ」という意見もありました。日本の感染者数が増えていないのは、まちがいなく早い時期からイベントの自粛を要請し、多くのイベントがそれに応じたからでしょう。イベントの自粛を要請されたのが2/26、翌日には一斉休校が要請されました。2/26時点国内感染者は149人しかいませんでした。正直、この当時は「行き当たりばったりの自粛要請」と思っていましたが、現在の他国の状況を見る限り、遅かれ早かれ自粛が必要になったことを思うと、この早い判断が感染者を抑えるのに成功したとしか言いようがありません。

アメリカでは検査が遅々として進まない中、ニューヨーク州が3/9に非常事態宣言を出しましたが、ブロードウェイは3/12まで上演を続けていたくらいです。

ヨーロッパ各国が規制に進んだのも感染者が何千人にも及んでからです。こちらに各国の状況がまとめられており、イギリスのように学校を休校していない国もありますが、今やほとんどの国が日本よりも厳しく規制されています。

■感染はピークアウトした?
そんなわけがありません

covid19_activecases.png

現在治療中(active)の感染者がいったん減ったのは、多数の感染者を出した中国の徹底的な行動規制&監視体制によるものです。南京市のようすを竹内亮氏が動画で報告されています。

これほどの規制は「中国だからできる」ものでしょう。それを思うと、日本も含め世界中で感染者が増えていくのは間違いありません。経済活動があまり停滞しない程度に規制しつつ、医療崩壊しない程度に感染が広まることを受け入れる、ということしかないように思います。そんなところでバランスが取れるのかはまったく分かりません。

■中程度の症状で治療や検査を求めるべきでない6つの理由
世界的な保健機関であるVital Strategiesが"Dr. Tom Frieden on Six Reasons New Yorkers with Mild Symptoms of COVID-19 Should Not Seek Care or Get Tested"(トム・フリーデン博士による新型コロナの中程度の症状でニューヨーカーが治療や検査を求めるべきでない6つの理由) という記事を公開していました。すでに日本でも行われていることですが、こちらに理由部分をご紹介します。

  1. You use up medical equipment and tests others need more.(もっと必要性の高い他の人のための医療機器や検査を使い果たします。)
  2. You might infect others as you travel to and seek care.(移動や治療しようとすることで他人に感染させるかもしれません。)
  3. If you don't have the infection, you could get it in the process of traveling and getting tested, especially since health care gets less safe when more people are waiting for it -- including people with only mild symptoms.(感染していなければ、移動したり検査したりすることで、かえって感染を招くかもしれません中程度の軽い症状しかもっていない人たちも含め、それらを待つ人々の中では医療施設は安全性は低くなります。)
  4. It's not going to change what you should do: Stay home and isolate yourself. Anyone with symptoms of COVID-19 should be assumed to have it. The test result won't change what you or your doctor do.(すべきことは変わりません、ただ家にいて自己隔離してください。新型コロナらしい症状を持つ誰もが、感染していると想定してください。検査の結果によって、あなたやかかりつけ医がすることは何も変わりません。)
  5. The test can be negative even if you have the virus, leading you to infect others if you don't stay isolated.(検査結果が陰性であっても、ウイルスを保有しているかもしれず、自己隔離しなければ他人を感染させてしまうかもしれません。)
  6. Right now, testing positive won't lead to useful action or meaningful data: The Health Department won't be able to trace your contacts or confirm where you were infected because too many people are positive, and because this would not be as important in fighting COVID-19 at present than other urgent work, including preventing and stopping outbreaks in nursing homes and hospitals.(現時点では、検査で陽性と判定されたところで、有益な処置や意味のあるデータは得られません。多くの人が陽性であるために保健所は、あなたの連絡先を追跡したり、どこで感染したかを確認することはできませんし、そうしたことは、福祉施設や病院での院内感染を抑止・防止することも含めて、もっと重要な新型コロナとの戦いに比べて重要性が低いのです。)
    ※訳注。6.については、ニューヨークにおける現状であり、日本では感染が確認された場合は、クラスター対策班によって追跡が行われています。それは積極的に1~5のルールを無視する理由にはなりません。

日本が序盤からこうした方針を取っていたことで、感染者の増加が抑えられていることについては、「新型コロナ: 世界の国々はどれくらい検査しているのか」の最後に示したドイツとの比較でも明らかです。「積極的な検査」が招く悪影響について、ご理解ください。